冬の入浴の素晴らしさについて

 

冬の入浴の素晴らしさについて

今日は冬の入浴の素晴らしさについて語りたいです。
まず、私は入浴がそれ程好きではありません。
春から秋までは、一切湯船には入らない事すらあります。
入浴をすると、時間の無駄ですしお湯の無駄にもなるからです。
そんな私ですが、冬の入浴の魅力には負けてしまいます。
寒い外から帰宅をして、熱い風呂に入ると全身がほぐれて
とても気持ち良くなってしまいます。
風呂に入る事で、全身がぽかぽかと温かくなり汗もじんわりと
出てきて老廃物が流れ出るような気がします。
この入浴をより楽しむために、入浴剤を用いています。
数年前は入浴剤ブームであったようで、
汗が沢山出る、というのを売りにした入浴剤があったのですが、
最近ではあまり見かけなくなってしまいました。
その入浴剤は、和風の香りがするので私は好きだったのですが。
自宅に入るだけがお風呂ではありません。
温泉に入る事で、いつもとは異なった優雅な気持ちになれます。

温泉の香りや、雰囲気に酔ってゆったりと湯船に浸かっていると、
なんとも言えない幸せな気分になってしまいます。
こうした気分を味わえるのは冬くらいです。
四季を大切にしつつ、日本人らしく冬を愛しく感じながら風呂の心地良さを感じたいです。